1977/01/04 スーパーカー筑波を疾走る!

A宅さんからお借りした貴重な当時の写真でおくる第1次スーパーカーブームの断片です。

日本最初のスーパーカーショーは、1977年1月に筑波サーキットで開催された「スーパーカー・フェスティバル」と言われています。「モーターマガジン」社のバックアップで、知る人ぞ知る「オーバー220km/hカークラブ」の車が集められました。


「オーバー220Km/hカークラブ」といえば、池沢さとし先生が所属する「女」と「別荘」の提供が入会条件のクラブとして、「サーキットの狼」でちょこっと露出されておりました。(このコマを見た当時、子供心にも妙な生々しさを感じ取り、このクラブは実在する!と信じておりました)


スーパーカーが筑波サーキットに並べられただけではなく、コース周回も行われました。

ランボルギーニ・ミウラ P400S



ランボルギーニ・ミウラSV改イオタ

この個体は、京都のトミタオートが輸入した VIN#4892 の「ホンモノ」のイオタと見受けられますが・・・?


フェラーリ 365GTB/4 デイトナ



フェラーリ 365GT4BB



この銀/黒のBBも筑波の写真でしょうか?


ディノ 246GTB



青ボディは珍しい。(元)切替徹氏の車両でしょうか?


この黄色の308は、主催者であるオーバー220㎞/hクラブ会長氏の車両とのこと。初期モデルの証、FRPボディを持つ日本上陸1号車だとか。


マセラーティ・ボーラ



ポルシェ・カレラ2.7RS



930ターボ

練馬ナンバーの白ターボは、池沢さとし先生の愛車。


カレラ3.0RSのバンパーを付けた930ターボと見受けられます。


ロータス・エリート

ヨーロッパ以上にスーパーカーとは程遠い2代目エリートはロータス初のフル4シーター車でした。


#オマケ

富士グランチャンピオンレース

70年代のレースを象徴する「グラチャン」。まだシングルシーターとなる以前のレースと見受けられます。


ポンティアック・ファイアバード・トランザム

この1976年モデルのブラック&ゴールドは貴重車です。ポンティアック50周年を記念したファイアバード初の特別仕様車なのです。


ベントレー・ミュルザンヌ

当初、最近の写真かな、と思いましたが、後ろを走る車が80年代初頭感を醸しておりました。


スカイライン

クロモドラのホイールがまぶしい。


ワゴン?バン?なんにせよ、今となっては超々希少車です。


セリカ

セリカ定番ドレスアップ、「EVA CELICA」の逆文字チンスポイラ―!素晴らしい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です