トヨタ博物館 (1/8) 明治時代 (1868-1908) その1

1886(明治19)年 Benz Patent Motorwagen (レプリカ)

現在の電車のものと似たハンドル形状。

ラック&ピニオン構造のステアリング部。

クラッチ兼ブレーキレバー。前に倒すと1速に入り、直立でニュートラル、後ろに倒すとブレーキがかかります。

昇降用踏み台。

シートスにプリングを装備し、快適性にも気を配っています。

単気筒エンジンは、ミッドシップに進行方向に寝かされて搭載されています。

車体中央に見える赤い筒がシリンダー。クランクシャフトはむき出し。

水タンク。シンリンダーに直接、接続されており、冷却水は水温の差による対流で循環しています。

ガソリンタンク。

キャブレター。

ガス量コントロールバルブ。現在の車ではアクセルペダルに相当します。

むき出しのクランクとはずみ車。はずみ車は始動時に使用します。

1次減速のベベルギア。出力の向きを鉛直方向から水平方向へ90度変更。水平軸上にカム山が2つ見受けられます。左側のカムは、吸排気バルブを制御するロッカーアーム、プッシュロッドを動かしています。

出力伝達プーリー&ベルト(2次減速)。

アウトプットシャフト。

最終減速部。チェーン&スプロケットです。

1894(明治27)年 Benz Velo

1898(明治31)年 De Dion-Bouton 1 3/4hp

1901(明治34)年 France Panhard et evassor B2

1902(明治35)年 USA Baker Electric

1902(明治35)年 USA Oldsmobile Curved Dash

1904(明治37)年 Yamaba Steam Car 1/5 Scale Model

 1904(明治37)年 Lanchester

1905(明治38)年 Swift 9HP

1907(明治40)年 Yoshida-shiki Takuri 1/5 Scale Model

1907(明治40)年 Rover 6HP

1908(明治41)年 Isotta-Fraschini Tipo I

PHOTO BY ETO

PHOTO BY ETO

イソッタ・フラスキーニ

イソッタ・フラスキーニは、1900年にチェーザレ・イソッタとフラスキーニ三兄弟によって設立され、1949年まで存在した、フェラーリ同様「ファスト」&「エレンガント」を売りにしたイタリアの伝説的な超高級車メーカーです。

設立当初、ルノーからパーツを輸入して完成車をアッセンブルしていました。

1901年、自社オリジナルといえる車を造り出すようになります。

1905年 ティーポ D

自動車メーカーとして名声を得るには、著名なレースで好成績を残すことが早道と考え、ジュゼッペ・ステファニーニ技師を迎え入れると、1905年、レース専用車「ティーポD」を世に出します。ステファニーニ技師によるティーポDの4気筒エンジンは先進的なOHCヘッドを持ち、17.2Lから100HPを絞り出しました。

1905年にブレシアで開催された「コッパ・フローリオ」に、2台の「ティーポ D」で参戦するも、 2台ともリタイヤで終わっています。

1907年 ティーポ I

1907年 コッパ・フローリオ

4台の「ティーポ I」が参戦、フェルディナンド・ミノイア駆るゼッケン#5Bが優勝を果たし、ゼッケン#5Aが4位、ゼッケン#5Cと#9Aはリタイヤという成績を残しています。

1907年 タルガ・フローリオ

ゼッケン#7Aから#7Dまで4台で参戦。

#7Dが7位、#7Cが9位、#7Bが10位、#7Aがリタイアでありました。





1908 Targa Florio

1st #7A Trucco
5th #7C
DNF #7B Minoria

1908年 ティーポ FE/ 1909年 ティーポ FENC

ジュゼッペ・ステファニーニ技師はティーポDの基本設計をそのままスケールダウンし、18馬力を発する1.2LSOHC直列4気筒エンジンを造りあげます。このエンジンを積むレーサーがFEで、チューンの度合いを変え1.32L・14馬力としたものが、公道仕様のFENCです。

ティーポ FEは当時のブガッティ車と酷似していたため、長らくエットーレ・ブガッティの作と考えられていましたが、真相は分かっておりません。

1908年 フランス・グランプリ

#18 Trucco

DNF #41 Felice Buzio

8th #59 Alfieri Maserati

タルガ・フローリオ

「タルガ・フローリオ」は、自動車レースを愛するシチリアの富豪「ヴィンチェンツォ・フローリオ」が後援するシチリア島を周回する公道レースです。1906年から1977年まで、戦争による2回の中断をはさみ合計61回開催されました。

オートバイレースで例えれば、レース形式、歴史の長さ・・・「マン島TT」がそのまま当てはまります。

コース

スタート&ゴールは「フローリオ・ポリ」(左上)。時差式でスタートし、反時計回りで周回します。ルートは時代を経て大、中、小と短縮されています。

チルクート・グランデ:1周148km。第1~6回で使用。
チルクート・メディオ:1周108km。第10~21回で使用。
チルクート・ピッコロ:1周72km。第23~27回、第35~61回で使用。

歴代チャンピオン

	Year	Winner					Machine
 1	1906	Alessandro Cagno			Itala
 2	1907	Felice Nazzaro				Fiat 28/40 HP
 3	1908	Vincenzo Trucco				Isotta-Fraschini
 4	1909	Francesco Ciuppa			SPA
 5	1910	Tullio Cariolato			Franco Automobili
 6	1911	Ernesto Ceirano				SCAT
 7	1912	Cyril Snipe				SCAT
 8	1913	Felice Nazzaro				Nazzaro
 9	1914	Ernesto Ceirano				SCAT

第一次世界大戦(1914年~1918年)のため、1915年から1918年まで4年間中断されます。

-------------------------------------------------------------------------
	1915
	1916			WW.I
	1917
	1918
------------------------------------------------------------------------

1920年代にはグランプリマシンが参戦するようになり、ブガッティ、アルファロメオ、マセラティが覇を競っています。

10	1919	André Boillot				Peugeot EXS
11	1920	Guido Meregalli				Nazzaro GP
12	1921	Giulio Masetti				Fiat 451
13	1922	Giulio Masetti				Mercedes GP/14
14	1923	Ugo Sivocci				Alfa Romeo RL Targa Florio
15	1924	Christian Werner			Mercedes PP
16	1925	Bartolomeo "Meo" Costantini		Bugatti T35
17	1926	Bartolomeo "Meo" Costantini		Bugatti T35T
18	1927	Emilio Materassi			Bugatti T35C
19	1928	Albert Divo				Bugatti T35B
20	1929	Albert Divo				Bugatti T35C
21	1930	Achille Varzi				Alfa Romeo P2
22	1931	Tazio Nuvolari				Alfa Romeo 8C-2300 Monza
23	1932	Tazio Nuvolari				Alfa Romeo 8C-2300 Monza
24	1933	Antonio Brivio				Alfa Romeo 8C-2300 Monza
25	1934	Achille Varzi				Alfa Romeo Tipo-B P3
26	1935	Antonio Brivio				Alfa Romeo Tipo-B P3
27	1936	Constantino Magistri			Lancia Augusta
28	1937	Giulio Severi				Maserati 6CM
29	1938	Giovanni Rocco				Maserati 6CM
30	1939	Luigi Villoresi				Maserati 6CM
31	1940	Luigi Villoresi				Maserati 4CL



第二次世界大戦(1939年~1945年)のため、1941年~1947年まで7年間中断されます。

-------------------------------------------------------------------------
	1941
	1942
	1943
	1944			WW.II
	1945
	1946
	1947
-------------------------------------------------------------------------
32	1948	Clemente Biondetti/Aldo Benedetti	Ferrari 166
33	1949	Clemente Biondetti/Aldo Benedetti	Ferrari 166 SC
34	1950	Mario Bornigia/Giancarlo Bornigia	Alfa Romeo 6C 2500 Competizione
35	1951	Franco Cortese				Frazer Nash
36	1952	Felice Bonetto				Lancia Aurelia B20
37	1953	Umberto Maglioli			Lancia D20 3000
38	1954	Piero Taruffi				Lancia D 24


1950年代後半には世界スポーツカー選手権の1戦に組み込まれます(★の付いた年)。公道を走るプロトタイプカー見たさに観光客が詰めかける大人気イベントとなり、この時代がタルガ・フローリオの黄金期といえましょう。

39★	1955	Stirling Moss/Peter Collins		Mercedes-Benz 300SLR
40	1956	Umberto Maglioli/Huschke von Hanstein	Porsche 550
41	1957	Fabio Colona				Fiat 600



42★	1958	Luigi Musso/Olivier Gendebien		Ferrari 250TR
43★	1959	Edgar Barth/Wolfgang Seidel		Porsche 718 RSK
44★	1960	Jo Bonnier/Hans Herrmann/Graham Hill	Porsche 718 RS60
45★	1961	Wolfgang von Trips/Olivier Gendebien	Ferrari Dino 246SP
46★	1962	W.Mairesse/R.Rodriguez/O.Gendebien	Ferrari Dino 246SP
47★	1963	Jo Bonnier/ Carlo Maria Abate		Porsche 718 RS64
48★	1964	Colin Davis/Antonio Pucci		Porsche 904 GTS
49★	1965	Nino Vaccarella/Lorenzo Bandini		Ferrari 275 P2
50★	1966	Willy Mairesse/Herbert Müller		Porsche 906 Carrera 6
51★	1967	Paul Hawkins/Rolf Stommelen		Porsche 910
52★	1968	Vic Elford/Umberto Maglioli		Porsche 907
53★	1969	Gerhard Mitter/Udo Schütz		Porsche 908/2
54★	1970	Jo Siffert/Brian Redman			Porsche 908/3
55★	1971	Nino Vaccarella/Toine Hezemans		Alfa Romeo 33/3
56★	1972	Arturo Merzario/Sandro Munari		Ferrari 312PB
57★	1973	Herbert Müller/Gijs van Lennep		Porsche 911 Carrera RSR






ツイスティなコースはポルシェ向きで、総合優勝11回と最多を誇っています。


1956 / 1958 / 1959


1960 / 1963 / 1964


1965 / 1966 / 1967


1968 / 1968 / 1969


1970 / 1972 / 1973

当然のこととはいえ、マン島TT同様、危険性が指摘され、1973年を最後に世界スポーツカー選手権から外されてしまいます。

タルガ・フローリオ自体は国内レースとして引き続き行われます。

58	1974	Gérard Larrousse/Amilcare Allestrieri	Lancia Stratos
59	1975	Nino Vaccarella/Arturo Merzario		Alfa Romeo 33 TT 12
60	1976	Armando Floridia			Osella
61	1977	Raffaele Restivo			Chevron

1977年、コースオフしたオゼッラのマシンが、観客を巻き込み、2名死亡、2名重症という大惨事を引き起こし、レースは中止。これをもってタルガフローリオ61回の歴史に終止符が打たれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です