2018/02/26 U1000 in しらこばと公園

埼玉県越谷市のしらこばと水上公園に昭和時代までに製造された1000cc以下のクルマが集まりました。主催は『さいたま東サブロクオーナーズクラブ』。E藤さんのレポートです。


1997年製のネオクラッシックであるコイツは、参加の資格はありません(笑)とはいえ、もう21年前のモデルなんですね、時の流れは速い・・・




日野コンテッサ

基本設計を日野ルノーから引き継いだコンテッサは、これまたルノーに源流を持つOHV4気筒900㏄をリアに積んでいます。




トヨタ・スポーツ800



フィアット500

よく知られた、VTECをミッドに積んだクレイジー500。






フィアット600

スライド式サイドウインドウを持つ希少な初期型。オーナメント位置に付くフォグランプはオーナーによるご愛敬。



モーガン3輪車

めずらしい水冷エンジンを積むモデル。



ピアッジョ・アーペ

ベスパのコンポーネントを流用した商用3輪車。ベスパ=ズズメ蜂、アーぺ=蜜蜂です。




スズキCV-1

1981年製のスズキのミニカー規格車。CVはCommunity Vehicleの意。結局、試験生産の域を出ず、生産台数の少なさ(100台程度と言われる)から、マニアを喜ばせています。角1灯の前期(ショー?)モデル、、丸目2灯の後期(量産?)モデルの2種類のボディが存在します。




スズキ・セルボ(初代)

フロンテ・クーペから続く軽スペシャルティ。この軽枠を超えたラージバンパーは、輸出仕様の1000㏄と思われます。





スズキ・ジムニー



スズキ・マイティボーイ

軽のピックアップトラック。


スズキ・アルトワークス



スズキ・セルボ

バブル経済の勢いで攻め込んだリアデザインを持つも、それが不評だった3代目セルボ。



マツダ・シャンテ




ダットサン・320トラック



ダイハツ・ミジェット


ダイハツ・ハイゼット

前期型(上)と後期型(下)。




三菱ミニカ




スバル 360


スバル・サンバー・ヴァン


スバル 1000



スバル レックス


スバル VIVIO T-TOP

富士重工40周年記念の3,000台限定車。リアウィンドウは電動格納式。




ホンダ N360

今回はホンダN360生誕50周年を祝うイベントが合流し、会に彩を添えています。




ホンダ ライフ





ホンダ Z



ホンダ・ステップヴァン


ホンダ T360


ホンダ TN5 (360cc)


ホンダ・アクティ・ダンプ・クローラー

ダンプ(荷台が起き上がる)機能の上、クローラー(リアのキャタピラ)を装備するという欲張りオプション仕様。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です