ベベル・プロジェクト ( 1 )

現在、当店では3台のベベルのレストアを同時進行で進めております。そのレポートを回を分けてご紹介していきたいと思います。完成までお付き合いいだけますと光栄です。

上の画像は言わずと知れたクランクの回転をカムシャフトを伝えるベベルギアです。あまり単体で見ることのないパーツと思われます。

3台は、
■ 900SS(青/銀・ノーマルの雰囲気をできる限り尊重しながら細部を磨く仕様)
■ 900MHR(キックエンジン・ナローフレーム・正統派レストアとして出来る限りノーマルの良さを引き出す仕様)
■ 900NCR(キックエンジン・ワイドフレーム・”疾走り”に振ったフルカスタム仕様)
というメニューです。これらは完成後、”売り物”となります。ご期待ください。

今回は3基のエンジンとも全部割り。クランクケース、シリンダ、ヘッドはすべてウォーターブラスト仕上げを予定。クランクシャフトのOHも行います。


ベベルのクランクは2スト用のように、ビッグエンドにニードルローラーベアリングを持つ組み立て式です。


軽量化したフライホイール。NCR仕様に使用します。


ミッションも全バラされます。


チェーンの520化のための社外製スプロケットを手に入れて、おや・・・?同じ社外メーカー製の530用とは、とある個所の寸法をわざわざ変えてある・・・確かにスプロケを普通(正規の向き)で使う場合、何の問題もありません。

ワイドリムホイールを装着してある車両では、チェーンラインをなるべく外側にすべく、スプロケを裏返しにして使用することが多く、530から520に移行する際、当該寸法が異なると、取付に加工が必要になり、ひと手間増えてしまうわけです。


キャブはSS、MHRがデロルト。NCRはパフォーマンス重視でFCRで行こうと思っております。


ウォーターブラスト行きのパーツ。


バフ磨き行きのパーツ。


ネジ類も洗浄、再メッキ。細部もシメます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です